ホーム
松川湖について
松川について
釣り規則
マナー
釣り案内
インフォメーション
交通
観光案内
リンク

松川釣り案内

河川の特徴(天然あゆの伊東大川) 天然海産及び海産馴致による漁場


漁場は伊東大川地区と松川湖上流地区の2箇所があります。
両地区とも漁法及び漁期の指定の為、親鮎の残存率が多く流下仔魚が豊富で天然遡上は非常に濃です。
特に松川湖上流地区は上流部に民家が無く香魚の誉れを誇っており9月には両地区とも大型魚が期待できます。
海産特有の閃光が走ると同時に起きる強烈な引込をご堪能下さい。
尚、当漁協では直営の囮及び鮎天然魚販売を行っておりますのでご利用下さい。

 
対象魚について
松川で釣れる魚は主に次の魚種です

ウナギ
鮎とは・・・
Plecoglossus altivelis
Temminck et Schlege

サケ目サケ亜目アユ科
あゆイラスト

珪藻を食べる(コケをはむ)ため、1u程の自分のなわばりを持ち闘争心が強い。
なわばりを犯す他魚に対して攻撃的で、その性格を利用して「友釣り」という釣法が生まれた。生きたおとり鮎に掛け針を付け、攻撃してきたなわばり鮎を引っ掛けて釣る。

えらの後ろに当たる体側、胸鰭の前後に黄斑がある。縄張りを持つとこれがはっきり現れるようになり、攻撃性が強くなるので、この黄斑を「追い星」(他魚を追い払う意)と呼ぶ。
黄斑がはっきりしているほど、おいしい鮎であり、つり上げると鮎特有のスイカのような甘い香りが漂う。香魚と言われるのはそのためである。

ウナギとは・・・
Anguilla japonica
ウナギ目ウナギ科
ウナギ

ウナギの正確な生態はほとんど不明で謎に包まれているといっても良い。南太平洋の深海で孵化した幼魚はレブトケファルスと呼ばれ、黒潮流域の海中を浮遊しながら成長して北上する。体長7pくらいのシラスウナギに育った幼魚は群れを形成し、冬から春にかけて河口から一斉に遡上を開始する。メスは川上まで遡上するが、オスは湾内や河口付近に留まることが多い。
湾内や河川に到達したウナギは6〜10年ほどで成魚となり、最大級で1.3mほどに達した後、秋口に産卵のため川を下って海に降る。
釣期はほぼ周年にわたり、初夏から真夏にかけてよく釣れる。土用の丑の日があまりにも有名なため真夏が旬だと思われやすいが、脂の乗りが良くて本当にうまいのは秋口から初冬にかけてだ。
淡水域や汽水域、また湾内の岸壁などからの陸っ張りや大川の下流域での船釣りのほか、河口付近の川岸の巣穴を攻略する独特の穴釣りがある。

釣り方について
松川では餌釣り・友釣り・毛ばり釣りのみ行うことができます。
鮎釣り

友釣り・ドブ釣り・エサ釣り・疑似餌釣りにて行うことができます。

擬似釣り(赤バケ含む)は、使用鈎は2本以内とする。

友釣り専用区域  松川湖上流地区及び八代田地区

ドブ釣り専用区域は次の通りです
次郎エ門淵 使用鈎は7本以内とする。
八代田橋取水堤 解禁日より7月3日まで
うなぎ釣り

穴釣り・竿釣りにて行うことができます。

夜間の釣りは禁止です

後期解禁8月第1日曜日以降
友釣り仕掛け

天上糸
PEまたはナイロン
天上糸

 
 
 
 
水中糸
ナイロン
0.3号 3.5m

仕掛け図

ダイワホームページより参照

玉 ポイント
  アユが好んで食べる珪藻がついた石の周辺。いい珪藻がついている場所は状況で変わってくる。
玉 釣り方
  友釣りではオトリが川底に沈んでいることが大切。流れに負けてオトリが浮き上がってしまうと釣れない。
玉 オトリ
最初は養殖を購入して始めるが、野アユが釣れたらそちらにただちに変える。生きのいい野アユほどアタリが多くなる。
 
えさ釣り・赤バケ仕掛け

道糸
ナイロン
0.6号
 
 
 
 
ハリス
ナイロン
0.3号

または
市販赤バケ仕掛け

仕掛け図

ダイワホームページより参照

 

玉 ポイント
アユが好んで食べる珪藻がついた石の周辺。いい珪藻がついている場所は状況で変わってくる。
玉 釣り方
エサが底スレスレを流れるようにウキ下、目印の下の深さを再確認。
仕掛けの流し方は、必ずエサが先行して自然に流れるようにすること。
ドブ釣り仕掛け

 

玉 ポイント
ある程度水深があり、川底に石があるトロ場で行います。
玉 釣り方
アユ専用の毛針と重いオモリのついた仕掛けを用いて、淵などの水深のあるポイントで釣ります。
ウナギ釣り
 
穴釣り

仕掛け図
 
 
 
先を
鋭がらせた
ハリガネ
 
 
 

1mくらい
  仕掛け図
 
 
ハリ
三腰型ウナギバリ
12号
 
ハリス
ナイロン
3号2m
 
 
 
端を手首に
かけるよう
チチワにする。
仕掛け図

ハリを刺した小魚を
ハリガネに図のように
刺して穴に突っ込む。

穴釣りのポイント
 
川岸の穴   石のすき間など
仕掛け図   仕掛け図

玉 ポイント
  下流付近の捨て石周りや泥底が好ポイント。このほか湾内の岸壁や橋げたの際、大川に続く池や沼、小川などにも見られる。
玉 釣り方
  夜行性のため通常は夜釣りで狙い、陸っ張りでも船からでも2、3本のぶっ込み仕掛けを投げ入れておく。
穴釣りは昼間がよい。下げ潮で水位が下がったときが絶好機で、丸く整然と空いた穴を選んで狙い撃つ。そっと仕掛けを差し込むとグーグーと段をつけた力強い食い込みが襲ってくる。
玉 エサ
  一般的なのが太めのドバミミズで、軸長のウナギバリに縫い刺す。穴釣りではこのほか、ドジョウ、クチボソ、オイカワなど、細長い小魚も用いる。
釣場区域



遊漁期間(鮎釣り)
伊東大川地区 6月10日から10月10日まで
松川湖上流地区 8月第2日曜日から10月10日まで
遊漁料(鮎釣り)
伊東大川地区
年間証 大 人 6,000円(再発行なし)
  中学生 1,000円(再発行なし)
日釣券   1,000円(川売り500円増し)
 
遊漁期間(うなぎ釣り)
指定区域 6月10日から9月30日まで
組合直営の囮店販売時間及び場所
午前8時から12時まで
単価 600円/匹
12時以降は組合事務所にお電話ください  組合事務所Tel 0557-36-3698
松川湖上流地区は解禁より3日間は組合事務所で囮販売をしています
場所:伊東市広野1丁目12番地先です
禁止漁法
アミエビ、ボウフラの使用及びコロガシ、引っかけ類、投網、モジリ等の使用は厳禁です。

松川湖の釣りについてはこちら